フリーランス・副業向けサービス・カオスマップ2020年完全版が公開された!

投稿日:

フリーランスシェアオフィス

フリーランス・副業向け全60カテゴリー、467サービス

皆さんは『SOKUDAN(ソクダン)』というサービスをご存知でしょうか?

『SOKUDAN(ソクダン)』は、CAMELORS株式会社(本社:東京都渋谷区)が運営する業務委託のマッチングプラットフォームサービスです。

優秀な人材を獲得することに苦労している企業と、仕事案件を獲得したいプロの人材が、仲介手数料無しですぐに直接つながることができるサービスです。

その『SOKUDAN(ソクダン)』からこの度、フリーランスや副業を求める人材に向けて、「仕事獲得」「オンライン便利ツール」など全60カテゴリー、467のサービスが掲載されたカオスマップが公開されました。

従来からあるサービスはもちろん、最新のサービスまで一目でわかるマップになっているので、興味のある人はプリントして常備しておくのも良いと思います。

カオスマップ

マップは2枚組で高画質解像度のPDFがダウンロードできます。

カオスマップ作成の背景

このカオスマップは、昨年2019年度も公開されていて、多くの反響をあったそうで、今回はその第二弾となり何かと役に立ちそうです。

2020年版作成の背景

私たちは、「信頼できる個が活躍できる世の中へ」を理念に掲げ、フリーランスや複業といった働き方でも継続して活躍できる環境を目指して事業を行っております。

昨年、作成・公開した<フリーランス向けサービス カオスマップ2019年完全版>に対して、フリーランスや複業ワーカー、関連企業様から非常に多くの反響を頂きました。

2020年も新たなサービスが続々と誕生し、最新情報をシェアすることで、みなさまのお役に立ちたいと思い、2020年完全版を作成いたしました。

 

フリーランス・副業人材向けサービスの傾向

カオスマップを見る前に、2020年から2021年に向けて各サービスの大まかな傾向を見てみましょう。

「仕事獲得」でさらなる職種特化・地方特化型サービスの台頭

新型コロナウイルス感染拡大により、リモートワークが拡大し、「多拠点生活」「ワーケーション」「関係人口」というキーワードがみられるようになりました。

それらキーワードは、近年注目されている「地方創生」との相性もよく、都市部と地方を行き来するような生活や働き方が増え、それらを軸にした地方案件に特化したプラットフォームも誕生しています。

また働き方の自由度が上がった一方、自己判断で決めていく場面が増えてきており、専門家のアドバイスやモチベーション維持を目的とした「コーチング」の仕事獲得サービスが増加しています。

リモートワーク加速により 「便利ツール」「ノーコード」サービスが増加

日々のリモートワークをより効率化するための"便利ツール"として「日程調整ツール」「オンラインホワイドボード」「デザイン性の高い資料を簡単に作成できるツール」「動画を手軽に作成できるツール」などがさらに増え、「個人でも利用できるサービス連携ツール」などの"ノーコード"サービスが増えました。

すぐに現金化できる「ファクタリング」や短期で資金調達できるサービスがさらに増加

コロナ前と比べて収入が減ったフリーランスは74.4%にものぼります。

また、時短営業や休業によって会社員であっても収入が減った人は32.1%いますが、2倍以上の差があり、多くのフリーランスは非常に厳しい状況です。

この困難を一時的にも乗り切るために、短期間で資金調達できるサービスや、請求書の前払いサービスが増えました。

『SOKUDAN(ソクダン)』

プロ人材専用URL:https://sokudan.work/
発注者専用URL :https://sokudan.work/business/

◆CAMELORS株式会社

代表者 : 代表取締役社長  田根 靖之

所在地 : 東京都渋谷区渋谷3-27-15 坂上ビル7F

設立 : 2015年

URL : https://sokudan.work/

※文・図/CAMELORS株式会社News Release参照

-メディア雑学・雑談

Copyright© KUMABLOG , 2021 AllRights Reserved.