令和初のハロウィン~今時の高校生のハロウィンの楽しみ方

更新日:

ハロウィン

10月の初めはまだまだ暑い日もあったりして、本格的に秋を感じるというのはまだ少し早い気がしますね。

さて10月のイベントというと、そう「ハロウィン」ですね。

ハロウィンは10月31日。

その頃にはすっかり秋めいて過ごしやすい日々になっているのでしょうが、人々が注目し盛り上がるのがハロウィンですね。

 

ここ10年ほどでハロウィンはこの時期の一大イベントとしてすっかり定着した感じがします。

それ以前、まあ昭和の時代なんかは、「ハロウィン?なにそれ?」、「なんか外国の祭りやろ?」程度の知識。

ある程度知っている人でも、「かぼちゃの収穫祭でかぼちゃのお化けが出てきて、子供たちが家を回ってお菓子もらうお祭り」という認識でした。

みんな「まぁ日本人には関係ないわな」と思っていたと思います。

 

しかし平成になって、すっかり日本に定着。

日本のハロウィンは、「仮装してどんちゃん騒ぎで楽しもう!」と本来のハロウィンから大きく離れた意味合いになってしまいましたが、「楽しければそれでOK」の精神で、如何にも日本人っぽいアレンジを効かせたというか、都合の良い結果になっています。

 

企業・商売人にはありがたいイベントに成長!」

バレンタイン・デーがお菓子業界の誘導で2月の大イベントに成長していった過程と同じく、ハロウィンも企業・商売人、仕掛人がうまく利用し、拡大させたイベントといえるでしょう。

この時期は、秋から冬にかけて商品が入れ替わる時期。

12月のクリスマス商戦まで、これといった打ち出しができないこの時期に、ハロウィンという美味しいコンテンツが出てきたのですから。

企業や商売人、各仕掛人などはここぞとなかりハロウィン関連グッズや関連イベント・セールなどで一大市場を作り上げました。

消費者は、ハロウィンという祭りを純粋に楽しむのものから、うまく企業の戦略に乗せられていったという見方もできますね。

まぁ、そういった背景もみんな含めて、秋の夜長を仮装して大いに楽しもうというのがジャパニーズ・ハロウィンで、最近では「日本のハロウィンが面白い!楽しいらしい!」ということで、海外からわざわざ日本に来て楽しんでいる方も大勢いるようです。

 

現役高校生のハロウィンの実態を調べた

実際のところ、ハロウィンってどう楽しんでいるのか?調べた企業がありました。

高校生のハロウィン事情を調べたのがこちら。

日本全国47都道府県の女子高生・男子高生ネットワーク「高校生ラボ★47」を運営する株式会社エイチジェイは、日本全国の現役高校生808名を対象にアンケートを実施し、現代高校生のハロウィン事情を調査しこの度その結果を発表されました。

【高校生の95%がハロウィンに興味を持っている!】

アンケートによると、

「ハロウィンに興味がありますか?」

という質問には、なんと95%の高校生が”はい”と回答しました。

挙げられた理由として

「仮装やコスプレがしたい」

「お菓子をたくさん貰えるから」

「みんなでワイワイするのが楽しい」

という声が多く聞かれました。

少数派の”いいえ”と回答した高校生は

「街が汚れる」

などの悪いイメージを持っていたり、

「勉強が忙しくて参加している場合じゃない」

等の回答になっています。

確かに、特に高3生にとっては、ハロウィンどころではありませんよね。

【実際にハロウィンの予定があるのは半数以下】

興味はあるものの、アンケートを取った時期からまだ1ヶ月近く先ということで実際にハロウィンの予定があるという子は半数以下となりました。

まぁ必然です。

すでに予定がある子は、友達と過ごすことが定番のようで、家でお菓子パーティーをしたり、ハロウィンメイクをしてプリクラを取りに行く等が多いようです。

これなら可愛いものですね。

イベントやパレードに参加するという子は少数派となりました。

そうそう、その方が親御さんも安心です。

また、都心部に住んでいる子は、ハロウィン期間中にディズニーやUSJに行くとの声も上がりました。

なるほど、やっぱりそっちに行きますか??

ハロウィン予定

【高校生のハロウィン平均使用額は1,432円】

高校生のハロウィン予算は、

1位「1,000円~1,999円」

2位「2,000円~2,999円」

3位「5,000円以上」

となりました。なかな堅実な姿が見え隠れします。

メイクなどに関しても特別に何か買い足さなくても普段メイクポーチの中に入っているアイテムで工夫してハロウィンメイクを楽しんでいる子が多く、全体の約50%は予算3000円以内に収まるという結果となりました。

しかし、5000円以上という回答も3位にもランクインしており、コスチュームから購入する子やテーマパークに遊びに行く子などは、少し多めの予算を用意してハロウィンを存分に楽しむようです。

ハロウィン金額

調査期間 2019年9月20日(金)~23日(月)

(株)エイチジェイニュースリリース参照

 

令和初年度の今回だからマスコミも熱の入った報道をするでしょう。

高校生に限らず、一般ピーポーはいったいどう盛り上がるのでしょうか?

仕事・商売で期待が膨らむ人も、そろそろ準備に入らないともうけ話も絵空事になってしまいますよ!

<株式会社エイチジェイについて>

所在地: 東京都渋谷区渋谷2-17-3 アイビスビル7F

事業内容 : メディア事業、広告代理店事業、イベント事業、WEB事業、店舗事業

-メディア雑学・雑談, 広告・販促マーケティング

Copyright© KUMABLOG , 2020 AllRights Reserved.