大根おろしが人気に!いっぷう変わったアイデア商品

更新日:

震災から起死回生の企画力でヒット商品を開発

年末もあと数日。すっかり寒くなりました。
こんな寒い夜は、お鍋に熱燗といきたいものですね。

私の場合、お鍋といえば豚しゃぶがメインでして、
薬味は、ぽん酢に大根おろしにネギとなります。

その大根おろしの話です。

おいしくて栄養があるのに、地味な存在感の大根おろし。

そんな大根おろしが大人気というニュースです。

千葉県の地場野菜を販売するショップ「808倶楽部」が販売している
「カラフルおろし」なるものが大人気らしいのです。

今年の10月から販売されたこの「カラフルおろし」。

大根おろし

 
普通の白い大根おろしに加え、


濃い赤色(白大根&ビーツ)、
赤色(紅しぐれ大根)、ピンク色(紅芯大根)、
濃いオレンジ色(白大根&ビーツ&ウコン)、
オレンジ色(白大根&人参)、緑色(白大根&大葉)、
黄色(白大根&ウコン)、黒色(黒大根)

なんと、色がついて現在9色を販売中で、
口コミで人気となり、
1日販売する30個がすぐに完売になるそうです。

この「カラフルおろし」はすべて手でおろされているもので、
1日の販売量はわずかですが、
店頭に並べられる6時頃からすぐに売り切れてしまうそうです。

販売する「808倶楽部」は、2011年の震災以降、
千葉の地野菜の風評被害で売り上げが低迷し、経営が悪化。

しかし「ここで倒産してしまっては被災地の野菜や関係者に申し訳ない」と、
経営をスリム化して再スタート。

様々な企画販売を考案し、
300円から買えるパーティ用野菜セット「八百屋彫師 野菜」
「15種類のカット野菜」などのヒット商品を生み出しました。

そして鍋のシーズンとなる10月からは
「15種類の野菜鍋セット」も発売開始。

すると、セット内の薬味だけを買いたいという要望があり、
大根おろしの販売を始めたそうです。

しかし、思ったように売れず、試行錯誤した結果、
「家庭でできない大根おろし」を発想。

大根に着色するという奇抜な発想

売り場で注目を集めるため、
野菜で色をつけることを思いついたところ

「野菜でこんな色が出るの?」
「すぐに使えて便利」
「大根おろしなので何にでも使えるのでうれしい」


と評判になり、もの珍しさも手伝って、ヒット商品になりました。

価格は1カップ50円、3カップ100円。

それにしても、大根おろしってそんなに使うのかなぁと
不思議に思います。

おろしているから、日持ちもしないだろうし・・・。

でも、アイデアですね

地味な食材の大根おろしに、ちょっとした付加価値をつけてると
ヒット商品に生まれ変わる。

随分昔からよく言われる手法ですが、なかなか思いつかないアイデアですね。

残念なのは、手でおろしているので、
量に限りがあること。
あまり大きな売上は期待できません。

ミキサーでおろせばいいのにと考えますが、
ミキサーで量産した大根をおろしは評判が良くなかったそうです。

我々のまわりにも、これに似たアイデアで
がらりと生まれ変わる、地味な商材があるかも知れませんね。


 

-広告・販促マーケティング, 注目の商品

Copyright© KUMABLOG , 2019 AllRights Reserved.