売れている感をスマホや携帯サイトで演出すると売上に繋がる!

更新日:

賑わっている街・店に人は集まります

賑わっている街・店に人は集まります  
例えばあなたが初めて訪れたショッピング街で
お店を覗いてみたいと感じるのはどういう時ですか?

 
飲食街を訪れたとき、ふらっと入ってみようと感じるのは
どんな店でしょう?

 
初めて訪れた時、人が多く入っている、賑わっている店を
覗いてみたくなると思います。

 
つまり、ぱっと見てあなたの頭に

「人が多い、賑わっている」=「魅力的な商品がある」
 
という情報が瞬時にインプットされ、行動に繋がります。

 
この例は、ネットショップでよく見かけます。

 
お客様のレビューを載せているショップです。

 
レビューが多ければ多いほど、賑わっている店と感じますよね。

 
売れている店は殆どレビューを載せいているのではないでしょうか。

 
しかし、実店舗ではなかなか難しい事かも知れません。

 
実際、人が入っていないと目に止まりません。

 
そのため、ショーウインドや店頭にオススメの商品を置いたり
ポスターやPOPを使ったりしてお客様を呼び込む事になります。

 
これはこれで効果を期待できますが、せっかくこの時代ですので、

 
「実店舗+IT」を使いましょう。
 
店頭に携帯・スマホサイトへの誘導を仕掛けておき、
ホームページを見てもらえばOKです。

ホームページやメール、TWITTERなどで賑わい感を伝えましょう

携帯・スマホサイトのホームページにお客様のレビューや
店員の一言などを連載しましょう。

 
お客様は例えその時、購買されなかったとしても
後でレビューなどをみて
お店に親近感や期待感を持つかも知れません。

 
そして、気に入ってもらえればメール会員の登録を
してくれるでしょう。

 
また、既存のメール会員様にも、お店のお得情報や、
セールの案内ばかりを送るだけじゃなく
店員さんとお客様との会話の内容などを
メールしてはどうでしょう。

 
お客様は、他のお客様がお店にどう接しているか、
商品をどう思っているか興味がわくモノです。
そしてまたそのことが購買動機に繋がります。

 
こうやって徐々にお客様との距離を縮めていけば
「売れている感」を与えることになります。

 
実店舗で「売れている感」を出すには
このように携帯・スマホサイトを上手く使うというのも
いいと思いませんか?

-メディア雑学・雑談, 広告・販促マーケティング

Copyright© KUMABLOG , 2019 AllRights Reserved.