年末商戦を勝ち抜くため必勝法はすぐそばにあります。

更新日:

今日は月末。

いよいよ今年もあと1ヶ月となりました。

1年で最も時の経つのを早く感じる12月です。

商売においては最後の年末商戦ですね。

年末商戦

忙しいときほど頼りになる固定客(顧客)

年を乗り切れるかどうか?
昔から「良い正月を迎えられそう」とか「正月を迎えられない」
とかという声があちこちで聞こえます。

この時期は、やはり固定客への販売がカギになります。
なかなかこの忙しい時期、
新規客の開拓、来店などに力を入れる時間がありません。

固定客に販促をかけて、売上を上げるのが
もっとも重要だと思われますね。

私どもが以前調べたレポート
「まだ顧客を捨て続けますか?」という
ちょっと恐ろしいタイトルですが、

そこで書いているのは
全来店客の21%しか固定客にならないということです。

さらに毎月その固定客も3%ずつ離れていきます

このレポートは3,000人のアンケートが基になっていますから
そこそこ信憑性があります。

いかに固定客を引きつけていくかが
企業やお店の存続に重要かということです。

上手く固定客を抱えているところは
この忙しい年末でも
ある程度、売上予測もたちますし、
あとはプラスαを加える戦術に集中することができます。

企業やお店も、個人の商売もよく似てますね。

個人の場合だとある程度の収入が確保できる計算が出来れば
あとはプラスαをどれだけ上乗せできるか
その作戦を考えるのに力を注ぐだけ。

この忙しい時にも気持ちに余裕ができます。

結果、良い正月が迎えられるわけです。(^○^)??

さてあと1ヶ月。
かくいう私は良い正月を迎えられるのでしょうか?!
心臓ドキドキですぅ。

-広告・販促マーケティング

Copyright© KUMABLOG , 2019 AllRights Reserved.