細身ばかりで買う物が無い!中年ファッションを考える

更新日:

中年男性は流行のファッションに取り残されてしまうのか?

大阪梅田の阪急本店のリニューアルが完成し
本格オープンしましたが、

昨日知人と話ししていてちょっと気づいた事がありました。

それは阪急メンズ館の話です。

阪急メンズ館

まず、阪急メンズ館というのは
読んで字のごとくメンズ・ファッション店ばかりを集め、
名だたる高級ブランドが軒を並べています。

いつも若い世代中心に賑わいを見せているのですが、
果たして売れているのだろうか?

仮に売れていても、今後は厳しいのと違うか?

と、お節介にも知人とこの話で盛り上がったのです。

その話の発端として、知人が言ったのは
(知人というのは40歳代の中年ですが・・・)

「メンズ館に買い物に行っても、流行の細身ばかりで買う物が無い!」
 
ということでした。

確かに今の流行は全体的に細身のシルエットです。
スラッとして、かっこいいですね。

逆に中年男性(30歳~)となると、徐々に太ってきます。

つまり今までウエスト70cm代だったのが
80cm代になっていく人が多いわけです。

となると、80cm以上のパンツを多く品揃えしてくれないと、
という事になるわけです。上物もしかりです。

悲しいかな細身のシルエットについて行けなくなっています。

切実な訴え!中年男性に目を向けて!!

そこで考えると、
確かに若い世代が多く来店しているけれど
そこそこ値の張る高級ブランド商品を
果たして頻繁に買える財力があるのか・・・

今、そしてこれから消費をリードできる世代といえば
40歳後半からシニア層になるのは確実だ・・・


購買意欲のある中年男性~シニア層と考えると
流行は必要だが、その他に何かが必要なのではないか・・・

と、いらん心配をしてしまった訳です。

そこで2人の意見は・・・

考えるに、男性ファッションブランドは
流行を抑えつつ、質に優れ、楽に着られるというのが
一番の訴求点であるという結論に達したのです。
(もちろんサイズ展開も対応してもらって)

価格も、ユニクロまでの低価格までは望みませんが
そこそこの値段を付けて

若い世代の一発買いよりも
中年層のリピート買いを狙う方が良いと思うのです。

まぁ、流通の方は「そんな事わかっているわ」と
言われると思いますが、
実際店舗を見てみると、
まだまだ、時代の流れに対応していない店舗が多いと思います。

あなたのお店はどうですか?

-時事メディア通信

Copyright© KUMABLOG , 2019 AllRights Reserved.