スマートフォンとの連携が低迷産業の復活のカギになって来た!

更新日:

世は「スマート」時代、スマートフォンからスマート家電まで

世は「スマート」時代、スマートフォンからスマート家電まで いよいよ、スマートフォンを誰もが持つ時代がそこまで来ているようです。

今や、スマートフォンがなくても
携帯でじゅうぶん!なんて言っていると
時代の波に乗り遅れること必至です。

今さら何言うてんねん!と言われる方も多いでしょうが、

それだけ、スマートフォンを持つことによる便利さを
身近で感じる機会が
次々と目の前で起こることになりそうです。

昨日21日、パナソニックが
エアコンやドラム式洗濯乾燥機など6種の白色家電を発表しました。

名付けて「スマート家電」

先行して発売された電子レンジとIHジャー炊飯器を加え、
家電、健康器具を合わせて8機種が揃いました。

このスマート家電の一番の売りが

スマートフォンとスマート家電の連携です。

 
簡単にいうとスマートフォンが
超高性能リモコンみたいな感じで連動するという感じです。

例えば洗濯機。

スマホの画面で洗濯コースを選び、スマホを洗濯機にタッチすると
設定が転送される仕組みになっています。

洗濯機

 
またクラウド上にある洗剤や柔軟剤のデータベースをアプリで参照し、

洗う洗濯物の量と使う洗剤を自動で計算。

これで分量を間違えることがなくなるという仕組みです。
(大げさに発表する機能でもないと言う気もしますが・・・)

便利だと感じるのはエアコンです。

外出先からでもスイッチのオン・オフはもちろん、
温度設定もできるというもの。

これなら、「あっ、エアコン切ったかなぁ」という心配も無くなります。
(これは個人的によくあるのです。何度、家にもどったか(^_^; )

 
エアコン

 

スマートフォン1台で家中の家電を操作する時代に

また、電子レンジでは、最初から登録されているレシピも豊富ですが、

さらにスマートフォン経由で後からレシピを追加することも可能です。
パソコンでいうソフトのアップデート機能ですね。

このシステムは、おそらく車のNAVIでも出てくるでしょうね。

このように、スマートフォンが
従来からある家庭の電化製品と連携するという仕組みが
これからどんどん出てくることでしょう。

それこそ、子どもからお年寄りまで
身近で体験する機会が圧倒的に増えるでしょう。

こういった高機能のシステムを背景に
スマートフォンは加速度的に普及します。

我々広告販促の企画屋も
さらに工夫をこらした提案をしていく必要がありますね。

パナソニック曰く、キーワードは「スマート」・・・らしいです。

しかし、個人的には
iPhoneに対応してくれるのか・・・

それが心配でなりません。(*^^)v

 
 

-時事メディア通信

Copyright© KUMABLOG , 2019 AllRights Reserved.