こんなサイト、日本にもできたらいいのに・・・Smallknot

更新日:

小店舗でも資金が集まる「Smallknot」に注目

アメリカのサイト「Smallknot」
中小の店舗にとって素晴らしい発想のサイトです。

皆さんは投資というと、企業や一部の金持ちが
資産運営のために金を動かし
毎日莫大な金融取引が行われている世界を想像されると思います。

投資や株で資金を得て企業は大きくなっていきますが、
それはあくまで大手企業中心の話だと。

しかし、ローカルのパン屋さんやカフェ、
美容院や自転車屋さんなど、
小さなお店にとってはまったく関係の無い話です。

お店のスペースを少し広げたい、新しい機械を導入したい。
でも小さなお店にはなかなか銀行もお金を貸してくれないし、
資金不足が理由で新しいことがなかなか前に進みません。

「Smallknot」は、そんなお店に地元のファンが投資する
仕組みを作ったのです。

つまり、小さなお店でも「Smallknot」で
資金を集めることができるシステムなのです。

サービスをつくったのは、ハーバード・ロー・スクールを卒業し、
Wall Streetで金融関連の弁護士をしていたJay Lee氏。
彼は、毎日すごい額の金融取引が行われている世界があるのに、
地元の小さなお店がチェーン店に負けて店じまいする光景を
幾度となく目にしました。

世界中にお金を流通させられる金融システムは、
ほんの数メートル先にお金を届けることができない。

そんなおかしな状況を打破するために彼によって誕生したのが
「Smallknot」なのです。

小店舗でも資金が集まる「Smallknot」に注目

 

投資家はお店の商品やサービスの提供を受ける

地元のファンは、「Smallknot」で投資するかわりに

お店の商品やサービスの提供を受けることになります。

例えば、地元のラジオ番組のウェブサイト構築のための費用を
集める企画を見てみると、

投資金額は10ドル、25ドル、50ドル、75ドル、100ドルの5つ。

25ドル投資すると、近所のレストランのディナーと
地元のカップケーキがもらえます。

100ドル投資すると、一度ラジオ番組のDJができるんだそうです。
おまけに番組のポロシャツもついてきます。
なんかすごく楽しそうです(^_^)

投資する側は、近所のお店が繁栄していく楽しみも持てますし、
サービスに魅力があればどんどん支援する人も多いはず。

お店にとっても商品やサービスの向上はもちろん、
支援してくれる人が上顧客になってくれます。

このように身近にWINWINの関係ができています。

「俺はあのお姉ちゃんのケーキ屋に5,000円投資しているで」
「私は10,000円投資しようかな」
みたいな感じで、日本でも流行ると思います。

どうでしょうか?

「Smallknot」
https://smallknot.com/browse/campaigns
 

-広告・販促マーケティング

Copyright© KUMABLOG , 2019 AllRights Reserved.