ホワイトデー!お返しに悩む男性陣「酷だぜ!」お菓子業界のマーケティングに撃沈!

更新日:

 

2月14日はバレンタインデー

今年は心のこもったプレゼントをもらえるのか?

 

 

2月になると、どきどきし始める人も多いはず。しかし、プレゼントをもらって喜んでいる間に、すぐにやってくるのが3月14日のホワイトデーです。

 

 

男性にとってのホワイトデーは、頭を悩ます日なのです。

 

 

本来、女性と男性との間で恋のキャッチボールをするはずのバレンタインデーとホワイトデーだったはずが、いつのまにか友人、同級生、職場のみんなに渡す、いわいる義理チョコとか友チョコが浸透してきました。

 

 

そのおかげで、今やホワイトデーとなると、百貨店の専門売り場やお菓子屋、雑貨屋などには男性の行列ができ、楽天市場やYahooなどネット業界でも特集コーナーが組まれるなど毎年大盛況となっています。

 

 

お菓子業界にとっては、元もと閑散期だった2月3月のバレンタインデーとホワイトデー、この二つのイベントが、大きな売り上げを生むことになりました。我々一般人は、まんまと仕掛け人の、マーケティングの手に落ちたというわけです。

 

ホワイトデーの起源とは?

 

ちなみに仕掛け人とは、福岡の老舗菓子屋「石村萬盛堂」の社長。「なぜ、バレンタインデーのお返しの日が無いのか?せめてマシュマロでも渡して欲しい」という少女雑誌の記事からヒントを得て、チョコーレートを来るんだマシュマロを発案。

 

 

このマシュマロは百貨店岩田屋のアドバイスで、当時大型のイベントが無かった時期の3月の14日にマシュマロデーとして販売キャンペーンが開始されました。その後1980年にマシュマロデーはホワイトデーに名称変更されたのです。

 

 

但し、これには諸説あり、菓子業界がバレンタインデーの定着からお返しをする日を作ってはどうかと発案したという説。

これには不二屋・エイワ説があり、「リターン・バレンタインデー」と銘打って不二屋とエイワが協力して1973年3月14日にマシュマロを販売するキャンペーンを始めたという説です。

 

 

さらには、1978年に全国飴菓子工業協同組合「キャンディを贈る日」として3月14日をホワイトデーと制定し、2年後の1980年、三越、電通の協力のもと大々的に打ち出したという説。

 

 

どの説も最もらしいのですが、要するにお菓子業界が閑散期の2月3月に、なにか大きなイベントを仕組んで、売り上げを上げるために仕掛けたイベントが起源です。

 

 

それが今では老若男女問わず、日本中に認知された大きな商業イベントとなりました。しかもこの習慣は、中国、台湾、韓国などの一部でも定着するようになっているそうです。

 

 

もちろん、欧米ではこういった習慣はありませんが・・・。

 

ホワイトデーのお返しは何が良いのか?

 

それで、話はもとに戻りますが、ホワイトデーのお返しを何にするかという事です。

 

 

参考までに昨年の傾向を色々と調べてみると、面白い記事を見つけました。たいへん面白く、良く作られた記事だと思います。

 

 

題して「悩む相手別お返しセレクト」

 

 

どれもお返しはスイーツなのですが、相手別にそれぞれ違うスイーツがセレクトされています。その対象は・・・

 

その1 甘いもの嫌いの女上司

その2 合同でくれた同僚

その3 当日合うかどうかわからない取引先の女性

その4 血糖値が高めの義理の母

その5 健康志向な息子の嫁

 

となっています。

 

 

それぞれの説明には

 

 

その1 甘いもの嫌いの女上司には・・・

ずばり「茶」です。古来より外交の贈り物として使われてきたお茶は、老舗ブランドはもちろん、新興のブランドを贈ることで、貴方のリサーチ力も試されるかもとあります。

 

その2 合同でくれた同僚には・・・

可愛いばらまきスイーツがベストだそう。一人づつお返しするのも予算がかかります。よって小分けにできるものが良いとあります。でも、コンビニ調達は控えるべきですね。

 

 

その3 当日合うかどうかわからない取引先の女性には・・・

日持ちするアイテムにしましょう。当日会えないことも考えて、チョコやケーキなど溶けてしまったり、形が崩れたりするものは避けましょうということです。

 

 

その4 血糖値が高めの義理の母には・・・

これはやはり低糖質スイーツです。近年注目されている低糖質スイーツなら、ダイエットに励む若い女性にもおすすめですね。

 

 

その5 健康志向な息子の嫁には・・・

健康志向な女性へのスイーツ選びは難しいです。そんな女性には植物性原料のみでできた「ヴァーガン」スイーツというのがあるそうです。これなら、男性の株も上がりそうです。

 

ちなみに、女性がホワイトデーのプレゼントをもらう理想のシチュエーションというのが、

「夕食後いつもありがとうとかねぎらいの言葉を添えて」

 

渡すのが良いという女性が一番多く、

 

会社のOLとなると、「朝イチで会社のデスクにお返しですとメモを添えて」

 

というのが一番だそうです。

 

 

ここでは、スイーツがお返しとなっていますが、本命の女性へのプレゼントとなると、スイーツだけでは事足りません。

 

 

本命の女性には何が良いのか?

 

恋人や奥様となるとジュエリーやアクセサリーが一番人気になってきます。

 

 

なかでも、ネックレスやブレスレットといった定番が喜ばれるそうです。しかも、ブランド品となると、相当の覚悟をしなければなりません。

 

 

こうなると男性の口から毎年聞かれるのが、

「菓子業界も酷なことするなぁ」です。

 

さて、世の男性の皆様、今年のホワイトデーはいかがなものになるのでしょう??

 

-広告・販促マーケティング, 時事メディア通信

Copyright© KUMABLOG , 2019 AllRights Reserved.