好調の「綾鷹」、その実力とTVコマーシャルに見る企画力

更新日:

綾鷹のヒットの要因はCMに負けない味を実践!

「選ばれたのは、綾鷹でした」

 

このフレーズ、もちろん聞いたことがありますね。

 

コカ・コーラ社から販売されている「綾鷹」のコマーシャルのフレーズ。

 

このフレーズが今、ネット上などでちょっとした人気の「ミーム」になっていると言います。

 

ちなみに「ミーム」とは、文化を形成する様々な情報であり、人々の間で心から心へとコピーされる情報のことらしい。

 

で、どういうことかと言うと、

 

「あの子と私、どっちをとるの!」

 

・・・選ばれたのは、綾鷹でした(^_-)

 

「AとB、どっち選ぶんや!」

 

・・・選ばれたのは、綾鷹でした(^_-)

 

という感じでごまかしのジョークに合うフレーズのようです。

 

まぁ、こんなジョークが拡がるわけだからコーマーシャルとしては十分成功しているわけです。

 

実際に売上も絶好調らしく、なんと39か月連続でセールス伸張率2桁以上ということ。

 

緑茶飲料全体の生産量がここ4年連続で低下し(全国清涼飲料工業会調べ)、停滞気味の中でのこの好調ぶりは素晴らしいですね。

地方別コマーシャルでブランド訴求

さて、その好調を支えるコマーシャルですが、これも実に考えられています。

ayataka

 

2010年6月から「急須でいれたような味わい」を訴求。

 

「急須でいれたお茶にもっとも近いお茶はどれか」を米農家さん編、落語家さん編、女将さん編、板前さん編 舞妓さん編などで「選んで」もらう「綾鷹チャレンジ」「日本全国綾鷹試験」のCMでバックアップ。

 

これに北海道から沖縄まで、地方別のコマーシャルも加える大規模なキャンペーン。

 

さらに、好調の原因はもっとも重要な事。

 

それは、コマーシャルに負けない「味」にあるそうです。

 

実際、一度飲んだ人のリピート率が非常に高く、「綾鷹でなければダメ」と指名買いも増えているそうです。

コカ・コーラ社の飲料といえば、コーラ以外「アクエリアス」「爽健美茶」「ジョージア」などが有名ですが、いまや「綾鷹」の勢いが止まらないようですね。

 

個人的には爽健美茶が好きですが・・・。

-広告・販促マーケティング, 注目の商品

Copyright© KUMABLOG , 2020 AllRights Reserved.