AIDMAの法則により購入!でもパッケージに貼られた値札にモノ申す!

更新日:

AIDMAの法則どおり!ロフトで爪切りを買う!

AIDMAの法則どおり!ロフトで爪切りを買う!

久しぶりのブログ更新になります。

ここのところ、制作物の追い込みに専念していたため更新が怠りました。

 

気がつくとその間、プロ野球も始まりいよいよ季節は春に。

 

そこで昨日の日曜日、久しぶりに大阪梅田の繁華街を回遊し本格オープンしたドンキホーテ梅田店にいったり、ヨドバシを覗いたり、ロフトに行ったりと何を買うでもなくうろついてみました。

 

突然、何を思ったのか爪切りを買おうと思い、ロフトで購入。

 

この爪切りが、足の爪専用のもの。

AIDMAの法則どおり!ロフトで爪切りを買う

 

パッケージのコピーにつられ商品につい手が伸びた!

この小さなパッケージにあるコピーにやられました。

「医師もすすめる」

「直線刃」

「今、売れています」

 

このキーワードが、数ある爪きりが並んである中から私のこころを揺るがしました。

小さいスペースの中で、上手く表現しているなぁと。このように陳列台で売られる商品は、

パッと見たときの第一印象が購買に大きく繋がります。

商売の基本、AIDMAの法則でのAttentionの部分ですね。

ちなみにこの法則は

A:Attention(注意)

I:Interest(興味、関心)

D:Desire(欲求)

M:Memory(記憶)

A:Action(行動)

 

という消費者がモノを知り、それから買うと言う行動に至るまでの反応プロセスの事です。

この流れでモノを買うようになるのです。

そして私は法則どおり、この商品を購入することになったのです。

あぁ、値札が剥がれない!説明文が読めないぞっ!

ただ、残念なことがありました。

家に帰ってよく見ると、パッケージ裏面の説明文の肝心な所案の定、本体の紙も剥がれて一部読めなくなりました。

 

せっかく、図解いりで説明してあるのに・・・。

 

私が思うに、値札を貼った人は何も考えていない人ですね。

 

メーカーの方が貼ったのか、ロフトの店員の方が貼ったのかは定かではないですが、

 

ささいな事かも知れませんが、もう少しお客の立場になって仕事をして欲しいと。

 

これでは、せっかく考え抜いたパッケージも台無しです。

もちろんQRコードです。

 

私どもの仕事が携帯マーケティングも関連しているので、

QRコードを見るとつい読み取るクセがあるのですが、

 

これが読み取れません(・_・)。

 

携帯やスマートフォンでの読み取りテストを怠ったのでしょうか?

 

せっかくの携帯サイトによる情報発信だと思いますが、読み取れないと、まったくの企画倒れです。

 

もったいないですね。

 

まぁ、こんな細かい事を言うお客は少ないと思いますが、同じような事を思った人は数人はいる事でしょう。

 

安くて小さな爪切りですが我が身に置き換えて、改めて学ぶ事が多かった買い物でした。

-メディア雑学・雑談

Copyright© KUMABLOG , 2019 AllRights Reserved.