店舗の集客・販促、自社メディアを育てるということ(その2)

更新日:

中小企業・店舗の自社メディアマーケティング

中小企業・店舗の自社メディアマーケティング  
さて、前回は個人店舗でもメディアを持てる時代になった
という事を記しましたが、
では、そのメディアを有効に使えるようにするためには
いったい、何が必要なのでしょう?

SEO対策、PPC広告、メールマガジンなど
ネットの世界では色々とアクセス獲得のための
対策があります。

しかし、これらは言わば戦術ツールと思うのですね。
もちろん、必要でありそれらを行う意識は常に持つべきだと
思います。

巨大なネットの世界において、何も武器も無しに
戦場に飛び込んで行っても
無駄骨に終わってしまうのがオチです。

しかし、ネット運営者、あるいは中小企業では、
武器を大量に用意する費用もそうありませんし、
使いこなせるか ということも不安です。

集客・宣伝の質が問われる時代、
メディア・サイトの作り方が大切

それよりもまず、大切な事はメディアの中身になってきます。
メディア本体に魅力があるかどうか?
ここがしっかりしていないと、話になりません。

たとえ費用ができて、戦術を駆使してアクセスを集めたとしても
本体に魅力がなければ、一時的なものになるのは目に見えています。

その一時に、採算が取れる場合は成功ではありますが、
それはなかなか難しく多くの場合、費用対効果の割りが合いません。

地道な作業にはなりますが、
  • 常に魅力ある情報を発信するとか
  • 最も新しいニュースがあるとか、
  • 面白い内容が適度に更新されているとか、
とにかくアクセスした人が再度見てみたいサイトやブログでないと
メディアとしての機能が発揮できません。

安易なサイトに惑わされず、サイトの質を追求しよう

話はちょっとそれますが、

最近アフィリエイト系のブログが多いですが、
単純に商材を紹介しているだけで、
その人の個性や思考などを感じられるような
魅力的なブログはひじょうに少ないですね。

(ひどいブログが多い感じがします(*_*) )

アフィリエイトは、我々広告業をやってきた人間にとって
とても魅力的な手法ですが、
「稼ぐ!稼ぐ!」に走りすぎて、
つい笑ってしまうブログの多いのには眉をひそめてしまいます。

その人なり、その会社なりが感じられないと
その他一同のサイトやブログになってしまいます。

読者が何度も訪れるような魅力を持たせる  
話はちょっと脱線しましたが、
ホームページにしろ、ブログにしろ
読者が何度も訪れるような魅力を持たせることが
メディアとしての効果を最大限発揮できる唯一の方法だと思います。

そのためには、中身の充実!
やはり、ネット創世記からの基本中の基本なのですね。

これしかありません。

すぐできる対策として
一度、まわりの人にホームページやブログを見てもらいましょう。

人それぞれ色んな意見が出てくると思います。
感性はもちろん、男女によっても年齢によっても、
捉え方が違いますから。
20~30人ぐらいに聞いてみましょう!

作り手側は、けっこう気が付かないところが多いモノです。
ささいな意見でも、改善すべき箇所が必ず出てきます。

ブログやサイトを作ったら、まずそれから始めましょう!
もちろん、長年経ったものでも
改めて聞いてみると面白い意見に出会うでしょう。

メディアを育てる=中身を充実させる
これですね!

-メディア雑学・雑談, 広告・販促マーケティング

Copyright© KUMABLOG , 2019 AllRights Reserved.