メールライティングが広告・販売促進の成功のカギを握る!

更新日:

昨今のコピーライティング事情

メールライティングが成功のカギを握る!

最近、よく「コピーライティング」という言葉をよく聞きます。

 

コピーライティングというと、私なんかは糸井重里氏や川崎 徹氏、仲畑貴志のようなコピーライターが頭に浮かびます。

過去には一流企業の広告には、彼らのコピーがこぞって採用されていました。

今やコピーライター界の重鎮・レジェンドですね。

 

マーケティング関係のメルマガとかを読んでいると、最近はマーケッターやプランナーがコピーライティングを兼ねる時代になっているんですね。

特にネット上で仕事をしている人や会社がそうです。

これは、ネットが新聞や雑誌の広告と同じく、メディアとして確立してきたことも関係しているようです。

と同時に、数年前から広まったダイレクトレスポンスマーケティングの影響で、コピーの表現力で売上につなげるという戦術が浸透してきたこともあるのでしょう。

このダイレクトレスポンスマーケティングというのは、実はスマホ・携帯マーケティングにとても“はまる”のです。

 

コピーライティングはメールライティングが主流になりつつある

スマホや携帯電話に直接メッセージを届け、すぐ行動を起こさせる というのがスマホ・携帯マーケティングの最も得意とするところですから。

そうなってくるとメールの文章というのが重要になってきます。

 

つまり「メールライティング」ですね。

 

いかにメールを開いたときにインパクトを与え最後まで読んでもらえるか?

端的に要点をまとめているか!

これが大事です。

 

実際、同じ内容を伝える文章でも、メールライティングを意識しているのとしないのではその反応率は数パーセント変わってくるのです。

企業の担当者やお店の店長やスタッフの方はぜひ、メールライティングを勉強して下さい。

 

携帯のメールだけでなく、ホームページやチラシ、ダイレクトメール、店頭POPなどすべて外部に向けて表現するものには絶対に役に立ちます。

「メールライティング」

 

あなたは気にかけていますか?

-メディア雑学・雑談, 広告・販促マーケティング

Copyright© KUMABLOG , 2020 AllRights Reserved.