シニア市場に向けた米国の販促サービス例に学ぶ

更新日:

米国スチューレオナードの戦術に注目

米国スチューレオナードの戦術に注目  
米国コネチカット州のスーパーマーケット
スチューレオナードという店をご存じでしょうか?

私は初めて知ったのですが、
その紹介文を読んでみて面白かったので
綴ってみます。

この店はなんと単位面積あたりの売上が
ギネスブックに登録されるほど大繁盛している店なのです。

といっても、日本の大手スーパーとは比較にならないほどの規模で
州内に4店舗だけの中堅スーパーというところでしょうか。

で、なぜそんなに繁盛しているのかというと

内装・外装
商品の陳列
エンターテイメント性
に優れているから・・・勿論なのですが、

我々マーケッターが見逃してはいけないポイントが

シニア層を超優良顧客にしていることです。

シニア層を超優良顧客にしている  
 
そのサービスの一例として

毎月1回、商圏内をバスで巡回し、
お歳をとられて、もう自分で車を運転できない人をバスに乗せ
店に連れてきて、ランチをご馳走しています。

 
外出することができなくなったお年寄りには
このバスで店にいくのが
毎月の楽しみになっているのだそうです。

 
また、クリスマスには、伴侶に先立たれたお年寄りに
従業員が家まで行って七面鳥を届けます。
お年寄りの孤独感を和らげてあげるのです。

 
こんな事をされれば、もうお店のファンになるしかないですよね。

 
さらに、毎朝社長が店頭に立ち、お客様に向かって

「何かお困りのことはないですか?」

「気になるサービスはございませんか?」

 
と聞いているのです。
このような細かいサービスが、ギネスに載るほどの売上の背景にあったのです。
この話を読んで、ポイントは2つあると思います。

(1)完全にお客様第一のサービスを徹底している。
(2)シニア市場を見事に取り込んでいる
ということでしょう。

 
特に、(2)のシニア市場に注目したいですね。

デジタルシニアの話を以前綴りましたが、
やはりこの市場は要重要市場ですね。

日本も本格的に高齢者社会に突入していますが、
それより前に高齢化社会を迎えた米国では
その対応に多くの事例を見ることができます。

2055年には65歳以上の人口が
5人に2人になるといわれている日本。

まだまだ、と思っているとダメですよ。

既に昨年度で23.1%が65歳以上なのです。

これからはシニア市場に目を向ける企業や店舗が
一歩抜きんでるのだ思います。

-広告・販促マーケティング

Copyright© KUMABLOG , 2019 AllRights Reserved.