リアル店舗に+WEB(モバイル)が当たり前になる時代!

更新日:

店舗販売にネットをいかに利用するかが今後の小売店の鍵

店舗販売にネットをいかに利用するかが今後の小売店の鍵  
実はタイトルの「リアル店舗+WEBが当たり前の時代」というのは
われわれ毎日のようにネットに触れているものにとっては
すでに現実のものとなっていると思うのですが。

 
実はまだまだ、店舗のホームページも持っていない、
それどころか店舗にパソコンの1台も置いていない
という店も多くあるのではないでしょうか。

 
「今すぐには必要性がないから」と言われればそこまでですが、
時代のスピードは想像がつかないほどの速さで進んでいます。

 
旧来の商店街など、それでは、シャッター街になってしまう恐れがあります。

Yahoo→Google、Facebook、LINE、Twitter

例えばGoogle。

それまでYahooの天下であった日本の市場で、
あっというまに検索エンジンのシェアを獲得するなど、
ネットの世界でどこまで成長し収益をのばすのかと言われたのは、
ほんの数年前でした。

しかし、今そのGoogleに暗雲が立ちこみ始めています。
Facebookの登場、Appleの躍進のためです。
 
FacebookはWeb上に巨大な私有地のような領域を作り、
AppleはiOSとAppStoreによって、
モバイルインターネットの主役をアプリにしてしまいました。

 
また、日本ではLINEが圧倒的にシェアを拡大しています。
今や、スマホを持っていてLINEを使わない人はいないでしょう。

Twitterしかりです。

 
これらはいずれも、すでに我々の生活の中に浸透して来ています。
特に都会を中心に、ビジネスマンから学生まで
モバイルを媒介に生活の一部になってきているようです。

 
そして、あらゆる企業や商売人たちが、
これらを如何に自分のビジネスに取り込むかを
真剣に考えている時代です。

 

ラストサムライにならないように!

そんな今にあって、まだ多くの店舗では
旧来の商売形態にしがみついているかのようです。
あるいは、時代の変化に気がついていないのかも知れません。

 
すこし激しい表現になりますが、
映画「ラストサムライ」ではないですが、

機関銃に刀や槍で挑むようなもの

時代の転換期についていけない末路を想像してしまいます。

 
今すぐ、衰退するとは決して言いませんが、
時代のスピードからいくと
この10年で大きく変わるでしょう。

リアル店舗にWEB(モバイル)は必須です。
店舗用スマートフォンを持つのが当たり前の時代になります。

あなたのお店、ビジネスは
まだ無防備のままではないでしょうね?

-広告・販促マーケティング

Copyright© KUMABLOG , 2019 AllRights Reserved.