「財政の壁」が与える日本への影響、どうなるのだろう・・・。

更新日:

財政の壁に恐れるアメリカ経済

iPhoneが好調なアップルですが、なにやらアメリカでは
株が急落しているという情報。

NY株式市況


ええ~auもソフトバンクも好調で
ドコモもiPhone販売か!と書いたところなのに
なんで??

とネットで調べてみると・・・

アップルの株は急落しているが
それでも年初からの上げ率は35%を保っているらしい。

しかし、アップルのスマホの普及率は
アメリカではすでに50.4%に達しており、
成熟化の兆しがちらついているとのこと。

かつてのキリンビールみたいなものか・・・。

と色々調べるうちに

アメリカでは「財政の壁」があり
極度の不透明感からリスク回避の売りに見舞われている
とありました。

株そのものに知識が全くない私ですから、
この「財政の壁」とは何ぞやと
妙にひっかかりましたので調べてみると、

財政の壁(フィスカル・クリフ)というらしい。

おおっ!レッドクリフなら知っているんですが・・・(^_^;

ではなく(m_m)、

財政の壁とは
2000年に始まった所得税などに対する大型減税策が2012年末、
つまり今月末で期限が切れることと、

2011年にアメリカの債務上限が問題になった時に決まった
2013年から強制的に予算が削減されることが、ダブルでくるため、
急激な財政引き締めが起こる可能性があるとの事です。

なるほど、減税が終わり、さらに予算が削減されるのが
もうまもなく来るということですね。

このまま行くと、アメリカの景気後退は免れない状況です。

となると、日本にも必ず影響がでますね。

今年も悪かったけど、来年も悪いままなのか・・・と
自信の仕事を見つめてガックリしますね。

この年末の時期に、暗くなるニュースが多く、
選挙も、どこに入れても変わりばえしそうに無いですし、

なんか明るいニュースが欲しいものですね。

-時事メディア通信

Copyright© KUMABLOG , 2019 AllRights Reserved.