レディ・ガガ、MonstersBall tourで音のQRコードを採用

更新日:

最先端をいくレディ・ガガのコンサートツアー

最先端をいくレディ・ガガのコンサートツアー  
レディ・ガガが、Monsters Ballツアーで
米Sonic Notifyの技術を採用したという話。

どういう事かというと
観客のスマートフォンに、実際は聞こえない音域の高周波音に
シグナルを埋め込んで送信するということらしい。

観客は自分のスマートフォンに
予めSonic Notifyのアプリを入れておき
シグナルをピックアップして
読み込むとのことです。

これによって観客は
Webサイトや画像などにアクセスできるのはもちろん
当日の会場でアンコールの楽曲を投票できたりするのだそうです。

シグナルは音のQRコードみたいなものですね。

さすがレディ・ガガ。
最先端をいっています。

でも、これって数年前にNTTドコモが開発した
音響OFDMという技術と同じようなものですね。

 

音にデータを載せる技術、その将来性は?

音楽や音声放送にURLなどのテキストデータを
乗せて送信し、携帯電話にその音を聴かせると
データを受信できる技術です。

当時ドコモの広報部発表によると
「テレビやラジオのほか、ショッピングセンターや
スーパーなどで放送を流し、そこにURLなどのデータを載せて、
携帯でデータを受信してもらうといった利用法を考えている」
としていましたが

これが普及すると“すごいなぁ”と感心したものです。

でも、私だけかも知れませんが、
あまりこのサービスを採用しているところ
聞いたことがないのですが・・・。

そういえば東京の銀座の道案内サービスが
よく似た技術なのかも知れません。

先日テレビでみたのですが、
道案内のサイトを携帯で見ながら歩いていくと
発信されているデータを随時受信して
今、自分のいる位置に応じた
近辺の情報が画面に現れるという感じでした。

QRコードの普及で携帯へのアクセスが便利になりましたが、
今やそのコードが“音に乗って”流れてくる時代に
なっているんですね。

こういった技術は、おそらく
我々一般にも安価で利用できるように
すぐになるでしょう。

今のビジネスに利用可能かどうか?
アンテナを張っておく必要がありますよ。

-時事メディア通信

Copyright© KUMABLOG , 2019 AllRights Reserved.