ボジョレー・ヌーヴォー解禁に見る価格競争

更新日:

ボジョレー・ヌー ヴォーに振る舞わされる時期がやってきた

昨日、11月15日はワイン好きの人にとっては
待ちに待った日といいうのでしょうか、
「ボジョレー・ヌー ヴォー」の販売解禁の日。

まぁ、あまりワインに興味がない私にとっても
この一大イベントは少々気になってたりします。

昔は(といっても20年ほど前)、
「ボジョレー・ヌー ヴォー」という名前さえ
知らなかったわけですし、

阪神タイガースのクールヴォーならわかりますが(^_^;)

いつの間にか、この季節の代表的なイベントになっています。

それでその「ボジョレー・ヌー ヴォー」ですが、
めちゃくちゃ安いんですね。知らなかった。

イオン、西友、ドン・キホーテの
各社オリジナルの「ボジョレー・ヌーヴォー」の価格


 
ヌーボー

 
イオン
「トップバリュ ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー」 ¥680より



西友
「ボジョレー・ヌーヴォー(750ml)」
¥650
「ボジョレー・ヌーヴォー ロゼ」
¥500


ドン・キホーテ
「ボジョレー・ヌーヴォー 2012」
¥490より


など。しっかり価格競争になってますね。
「原価いくらやねん?」という世界です。

昔(私の知った当時ですが)は、
¥2000前後していたと思うのですが
驚きです。

これでは、普通の街の酒屋さんは
たまったものでないですね。

これって業界の戦略に乗せられてるのかなぁ?

もともと、「ボジョレー・ヌー ヴォー」は
その年に収穫されたブドウで造られた新酒であり、
ブドウが良質であるかを確認するためのもの。

とありますから、
まぁ、ワイン業界全体のサンプル品というものなのでしょうか?

ちなみに輸入量第1位は日本であり、
全生産量の約4分の1を占めているとのこと。

なんか、日本人ってこういうのに
踊らせられやすいのでしょうね。

なんかワイン業界のマーケティング戦術
見事にはまっている気がするのですが・・・

ワイン好きの方には、ごめんなさいです。

-広告・販促マーケティング, 時事メディア通信

Copyright© KUMABLOG , 2019 AllRights Reserved.