販促事例に学ぶ。なんと34%のレスポンスを獲得したキャンペーン

更新日:

レスポンス率34%!驚異の反応を獲得したキャンペーン

レスポンス率34%!驚異の反応を獲得したキャンペーン  
少し前になりますが、2007年12月に行われた
トヨタ自動車「カローラルミオン」のキャンペーン
の事例を紹介してみます。

というのも

なんとアンケート応募が、34%という驚異の
レスポンスを獲得したという参考にすべきキャンペーンなんです。

 
キャンペーンは、ルミオンの小冊子に
アンケート用紙を付けて

 
産経リビングのリビングパートナーに
送付されました。

 
ここで「仕掛け」があります。

 
一人のリビングパートナーに配られたのは
4冊の小冊子と4枚のアンケートはがき。

 
本人用の小冊子1冊・はがき1枚と、残りの各3冊・3枚を
友達に手渡しで配ってもらい、
全員でアンケートに回答すると
食事券のプレゼントに応募できるという仕組みなのです。

 
しかも応募するための問題は
小冊子の中身を読まないと答えられないもの
になっているというニクイ演出。

 
仕組みはこんな感じ↓

集客は携帯で!携帯マーケティングのコツ-キャンペーン内容

 
友達4人で考え、応募するという
いかにも女性心理を上手くついた内容です。

結果、キャンペーンは大成功!

アンケートはがき10万部の配布に対して
なんと34159人からの回答応募を獲得したそうです。

 
レスポンス率34%!
 
このキャンペーンは、ルミオンの認知促進だけでなく
深い情報接触、クチコミ拡散の効果を得ています。

ぜひ真似したい販売促進の手法ですね

さて、この良くできた仕組み
応用することはいくらでもできますね。

アンケートはがきは、モバイルで代用できます。

今まで、パンフレットやチラシ、DMなどを
作っておられる企業や店舗も
単に認知促進だけの目的で配るだけではなく

それら既存の媒体にちょっとした「仕組み」を加えることで
もっと効果的な使い方ができると思います。

 

-注目の販売促進

Copyright© KUMABLOG , 2019 AllRights Reserved.