デジタル化の進展で便利な社会、販売促進に活用も徹底管理を意識しよう。

更新日:

デジタル化の促進であらゆる管理が簡単便利に!

デジタル化の促進であらゆる管理が簡単便利に!  
あらゆる業界でデジタル化がすすんでいます

デジタル化は、多岐にわたりますが、ここではもっともわかりやすい

デジタル書籍に代表される、紙の文書をデジタル化する
という事について話します。


昨日紹介したPOPもそうですが、
店舗ビジネスにおいて、
デジタル化することで最も効率的になったのは
顧客データではないでしょうか?


その昔はお得意様ノートとして
ページいっぱいにお客様の名前はもちろん
住所や生年月日などの情報を書いていました。


それが、エクセルなどに打ち込むことにより
簡単に修正やソートできるようになり
お店のパソコンの中から
いつでも誰でも閲覧できるようになりました。


ただ、ここで問題が起こります。

 
問題というより課題というか
個人情報の保護責任が問われるようになり、
定められた条件をクリアしないといけなくなったのです。


万一、情報が漏洩したりすると、お店や企業の責任が問われます。


そこで今では契約するサーバー内で保管する方法が多くとられています。

 
この場合、信頼できるサーバーとの契約で
サーバー側が厳重管理するというサービスになっています。


つまり、これだと店側で情報管理する必要がなくなり
閲覧する場合はサーバーにアクセスして
ネット上で見ることになります。


この方が店の負担も少なく、お客様も安心です。


ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)というのも
これにあたります。


すべての作業をサーバーにアクセスして行います。
もちろん、顧客データベースもサーバーに保管されています。


私が紹介している携帯・スマホを使った販促も
このASPシステムです。


サーバーは信頼できる大手企業のサーバーで、
厳重に管理されている信頼できるシステムです。

 

デジタル化で徹底管理する個人情報とセキュリティ管理

ひところ、ベンチャー系の携帯配信システムなどでは
このセキュリティの問題が問われるといった事もあったそうです。


また、メールの配信が安定してなく、一斉送信しても
届く時間がバラバラで、「夜中にメールが来た」といった
クレームもあったそうです。


皆さんが、もしこういったサービスの導入を考えておられるなら
いまのところは、やはり信頼できる大手のシステムを使うべきです。


せっかくお客様が登録してくれた大切な個人情報。


一つ間違えば、それまで築き上げたビジネスを
根底から揺さぶることになりかねません。


「安くて良い」 という時代になってはいますが、
「安かろう悪かろう」も、案外まだあるのです。

-メディア雑学・雑談

Copyright© KUMABLOG , 2019 AllRights Reserved.