夢への道しるべ〜日本ハムファイターズが全文を開示。大谷翔平獲得プレゼンの勝利だ!

更新日:

入団交渉に使用された資料が大谷選手の心をつかむ

北海道日本ハムファイターズが、
ドラフト1位指名した大谷翔平選手(花巻東高)との
入団交渉において提示した資料

「夢への道しるべ~
日本スポーツにおける若年期海外進出の考察~」

一部個人情報などを除いて全文を開示しましたね。

普通、こういった資料が公開されるのはまずありませんが、
ドラフト全体を巻き込むかのような今回の出来事に配慮したのか
貴重な資料を見ることができます。

私はこの日本ハムの姿勢に賛同します。

 
日本ハム

 
さて、「夢への道しるべ」に目を通してみると、
大谷選手側が、当初のメジャー志向の考えを覆す結果に至ったのが
わかるような気がします。

高校生が、いきなりメジャーを目指すことは
どれだけ大変なことなのか。

「夢への道しるべ」では、
日本人メジャーリーガーの例と
韓国人選手のメジャー挑戦事例を主な例として取り上げるとともに、
その他のスポーツに関してもデータを掲載しながらまとめてあります。

「夢への道しるべ」の結論としては

○早期渡米と長期活躍の結びつきの困難さ
○日本で野球技術の確立と人間としての自立を身に付ける
○日本人らしい技術や戦術を会得してから勝負する
 
ということが、一番成功に近づけるとされています。

高校生のメジャー志向が甘い考えだとは断定しませんが、
こういう事例と説明を具体的に聞き、
真剣に考えたのは初めてだったのでしょう。

スポーツでは、若年層の海外進出が増えています。

それはたいへん良いことだとは思いますが
それもスポーツの競技別に違うのだと考えさせられました。

特に野球は、身体能力によって大きな差があり、
じっくりと国内で実力を付けることが成功への近道なのでしょう。

この資料をもとに、どういったプレゼンがなされたかはわかりませんが、
今回は日本ハムファイターズのプレゼンの勝利だと言えるでしょう。

「夢への道しるべ」というタイトルもいいですね。

企画や広報に関する人は、参考までにぜひ目を通しておきたいものです。

 

-時事メディア通信

Copyright© KUMABLOG , 2019 AllRights Reserved.